Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

すぎゃーん日記

つれづれに

帰省、休養

3月10日、仙台に帰省した。
スコップ団の「天国へぶっ放せ」に参加し、花火を見届け、祈りを捧げるため。
Shooting up to heaven of スコップ団
ほぼ日刊イトイ新聞 - 僕たちの花火の連絡、 見えますか。 3月10日17時からUSTREAMで中継します。


このブログでも協力を呼びかけていました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。
スコップ団に協力を - すぎゃーん日記


この日の仙台は残念ながら雪模様。午後には弱まってきたけれど、会場の泉ヶ岳はずっと雪が降り続いていた。とても寒い。
そんな中でも多くの方々が集まって、事前の準備もしつつ、花火が打ち上がるのを待った。


上がった。 - どうせ地球のチリだからな。
2万発の花火は、とても美しく、大きな音と光を放ってくれました。きっと天国まで届いたはず。色々な想いを胸に、目を離さずに最後まで見届けてきました。
了先輩。1年間の活動、本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。


何もかもが終わったわけではなく、これからも復興への道のりは続いていくわけだけど… それでもここで一つの節目を迎えたのかな、と。ここから先の活動は自分自身でも考えていかなくては。自分には何が出来るのか。



花火終了後はゲレンデの掃除をして解散、帰宅。朝から体調キツかったのもあり予想通り38度台の高熱。翌日まで寝込んだ。
東京に帰ってからも発熱が続き、病院で診ていただいたところインフルエンザB型の判定。5日間ずっと家で寝込んでいた。ようやく快復してきたところ。